FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月期アニメのおさらい(その2)

150402b.jpg
今期、カツオ的にはアニメのベストに挙げたいのが「純潔のマリア」でした。
全くなんの予備知識もなく、なんとはなしに第一話を見て、非常にひかれました。
私の大好きな「もやしもん」の作者が原作ということも、見始めてから知りました(道理で、コスチュームがボンデージっぽい)。

舞台は100年戦争末期の中世フランス。
戦争が大嫌いで、日夜戦いを止めようと、暴れまわる「魔女」のお話です。
人はなぜ戦争をするのか? なぜ戦いをやめようとしないのか?
非常に重く、大きなテーマなのに、恋やお色気も絡めつつ、軽妙に展開してゆくストーリーは小気味よかったです。

この時代の歴史は、実はジャンヌ=ダルクをテーマにしたお話を書こうと思った時に結構資料調べをしていたので、興味深かったです。
また、「魔女」という存在は、地域の土着信仰のエッセンスの(主にカトリック側からのネガティブなイメージづけを伴った)一つの象徴であり、カトリックが「世界宗教」として地域信仰を排斥してゆく過程で、「魔女を忘れる」あるいは「魔女を狩る」といった潮流を生み出していったというヨーロッパの歴史にある程度通じていると、さらに興味深さが増します。

さて、「純潔」とはずばり「処女」のこと。
異界の力を使いすぎて天界ににらまれ、処女をなくせば魔力もなくなるという「呪い」をかけられてしまったマリア。
けれど彼女は臆することなく、人間の戦争に干渉し、阻止してゆきます。
しかしやがて天界だけでなく、戦争を利用しようとする人間たちにまで狙われることに…。

彼女の処女を奪えばもう戦争の邪魔はできない…しかしまさか、いくら深夜アニメでも、レ○プシーンまではさすがに…と思いきや、本当にマリアが陵辱されるシーンがあったのにはびっくりです。
しかし「行為が不完全」だったため(ビミョーな表現)、マリアは一時的に魔力を失って火あぶりになりかけるものの、やがて魔力をとりもどし大暴れします。
でも、「行為が不完全」ってどういうこと?
・すぐに助けが来たため、先っぽしか入らなかった
・襲った男(ガルファ)の趣味と違って、マリアがややロリ体型だっため、射精にまで至らなかった
・暗かったので、間違ってア○ルに入れちゃった
・やはりどこかにガルファの良心の呵責があった(希望としては、こう思いたいですね)

それはさておき、アニメの常道として、タイトルが「純潔のマリア」である以上、純潔でなくなっちゃたら終わっちゃうので、どんなことがあっても、ヒロインは処女で居続けなければならない…というのはよくある話です。
ところがです、せっかく策略をかわしたにもかかわらず、ここでもこの作品は視聴者の既成概念を打ち破ってくれます。
アニメのラストでは、彼女は想いを寄せる男からの熱烈なプロポーズを受け入れ、結婚して、魔女としてではなく人として村に移り住むことを決意します。
これからは、人として自分とみんなが幸せになることを追究することが、究極的には戦いをやめさせ、平和な世界を作ることになるのだから…と

なんと潔い、綺麗な最終回でしょうか。
戦いが嫌い。なんとしてもやめさせたい。…そんな想いで突っ走ってきたマリアには確かに強さを感じました。
しかし自分一人の思いで突っ走る彼女は、やがてまわりの仲間や村人や恋人との間で、様々な摩擦、軋轢、齟齬を感じ始めます。
自分の理想は間違ってはいない…けれど自分一人で、自分の勝手でそれを追究しても、真に理想には近づけない。
彼女はこの短いお話の中で、「自分のために」と「誰かのために」という二つの想いをすりあわせ、折り合いを付けてゆくことを学んでゆきます。
そして一つの結論に達した彼女には、「本当の意味での」強さをすごく感じました。

後で知り合いから聞いたのですが、このアニメの原作は3巻完結で、アニメではほぼ原作どおりに話をしっかり完結させたのだそうです。
この潔さは賞賛に値します。
特に、某TBS系のやたら長編人気原作ばかりをアニメ化したがる時間枠! ちょっとは反省しなさい! と言いたいです。
大阪では日曜夕方5時からのアニメ枠ですが、ここ数年あの枠で放映されたアニメで、ちゃんと完結したのってありますか?
ほとんど話が完結しないうちにどんどん新しい作品になって、中途半端なまま前の作品はほったらかし。
まるで、恋人をとっかえひっかえ交換して、前の相手にちゃんと別れ話もしないうちに次の相手とエッチしているような、そんなどうしようもない節操のなさを感じます。
しかも性懲りもなく、4月からは「アルスラーン戦記」なんて…絶句です。
あんな大河ドラマ(そもそも原作も完結してないのでは?)、はなから最後までアニメ化する気なんかないままアニメ化しています。まさに「確信犯」です。

つまみ食い的に紹介するのもTVの役目…TV局はそんな風に勝手に自己正当化しているのかもしれませんが、さすがにこうも「やりにげ」ばかりだと、ええ加減にせぇ!と言いたくなります。
そんな制作サイドには、マジで「純潔のマリア」の爪のアカでも煎じて飲ませたくなります。
(その3につづく)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

katsuo8740

Author:katsuo8740
コスチュームフェチサイト「カツオ私設ギャラリー」を主催するカツオの近況報告スペースなので、一応「アダルト」ジャンルではありますが、メインはアニメ(その他)関連のよもやま話(独善的「語り」)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。