FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たま駅長、おつかれさま

150625a.jpg
昨夜、突然の訃報に涙しました。
「ネコの駅長」として人気者だった、和歌山電鐵貴志駅のたま駅長が、亡くなりました。
享年16歳。
人間換算で80歳程度ということですが、人間の世界と同様にネコの世界も近年は長寿化なので、決して大往生と言える年でもありません。
人間だって最近は、80歳で亡くなったら「若いのに」と言われるくらいです(なにせ平均寿命より若い訳ですから)。
せめて20歳までは生きてほしかったな…そしてもう一度会いに行きたかったな…とても残念な思いです。

私がたま駅長に会いに行ったのは6年前の2009年4月。
電車好きで動物好き(特にネコ好き)の私達夫婦にとっては、夢のような一日でした。
150625b.jpg
行きは「いちご電車」、帰りは「たま電車」に乗りました。
当時はまだ昔の面影のままの小さな駅舎に彼女はいました。
てっきりガラスケースの中で寝ている姿をお客さんに見せるだけだと思っていたら、そのうち係の人にエスコートされて改札口に現れます。

一応ご褒美のエサは魅力的なようですが、しかしエサにつられてイヤイヤ…という感じではなく、物腰は堂々としていて、群がるお客さんへの応対もすごく落ち着いていることに驚かされます。
「お客さん、よくきてくれたにゃ~」「遠慮せずに撫でていってにゃ~」
こちらの勝手な解釈でなく、彼女の態度があきらかにそう言っていました。

たまはむりやり「客寄せパンダ」をやらされてるのではなくて、ほんまもんのプロの駅長なんや…その時、私はそう感じました。
たまを一目見たい…一度でいいからなでなでしたい…と群がる老若男女にまったくたじろぐこともなく、どっしりおちついて職務を果たす彼女の姿に、感動すら覚えました。

私ももうネコと暮らして10年以上…ネコは決して自分がイヤだと思うこと、主義に反することはしません。
もちろん、打算や割り切りはします。
エサとか自分の楽しみのためなら、自分でてんびんにかけて、自分で判断し、自分の意思で、やるときめたことはちゃんとやります。

たまも、毎日のようにたくさんのファンに取り囲まれ、時にはもみくちゃにされて、ストレスがないはずはありません。
でもそれ以上にたくさんの人とふれあうことを楽しんでいるようにしか見えませんでした。
犬と違って、本当にイヤなことを我慢するなんてこと、ネコはしないからです。
イヤなら牙をむいて、爪を立ててでも脱出します。

「たまは本当に駅長だった」…かわいらしさよりも尊敬の念を強く感じたことを思い出します。

150625c.jpg
写真で、たまがしきりににおいをかいでいるのは私の指です。
なんか良いにおいがしたのでしょうか?すごく興味津々といった感じでした。

あの駅長にもう会えないのは本当に悲しいです。
でも、職務は後継のネコたちにしっかり受け継がれているみたいです。
天国のたまに心より冥福を…そして後を受けたネコたちがいつまでも電車と人をつなぐ架け橋として活き活きと活躍されることを、祈るばかりです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

katsuo8740

Author:katsuo8740
コスチュームフェチサイト「カツオ私設ギャラリー」を主催するカツオの近況報告スペースなので、一応「アダルト」ジャンルではありますが、メインはアニメ(その他)関連のよもやま話(独善的「語り」)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。