FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島の旅(4日目・広島市内)

h55.jpg h56.jpg
滞在4日目の3月27日は、広島市内をループバスと徒歩で散策しました。
平和公園で原爆犠牲者に黙とうを捧げ、そのまま原爆ドームまで歩きました。

h57.jpg h58.jpg
橋を渡るとアーケードの商店街があり、その中の「月あかり」というお店に入りました。
歴史を感じさせる和風家屋のお食事処で、私たちは二階の畳の間に通されました。
「あなごとカキの天丼」をいただきました。1,200円ですが、観光案内所でもらえるパンフの割引で1,100円になりました。
あなご2切、カキ2個の他にも、たけのこ、ししとう、かぼちゃなど、天ぷら山盛りです。
特に濃いタレなどはかかっていないのですが、その「京風」な感じが私たちの口には合います。天ぷらがしっかりと美味しいので、ご飯もすすみました。

h59.jpg h60.jpg
午後からは県立美術館の隣にある「縮景園」という庭園に行きました(大人260円)。この日は月曜で美術館は閉まっていたので、庭園だけ入りました。
かつての広島藩の殿様が、日本中の様々な絶景を箱庭のように楽しむことをコンセプトに作った広い日本庭園で、池泉木々花々が豊かで、庵がそこここに点在して変化に富んでいて、すごく楽しいし、落ち着ける場所です。

h61.jpg
これは原爆の爆風で傾きながらも生き残った大銀杏です。
原爆の恐ろしさと植物の生命力の強さを共に感じさせてくれます。

h62.jpg h63.jpg h64.jpg
中国風の石の橋がかかる大きな池にはたくさんのコイがいて、人が近寄ると「エサくれー」と、ものすごい数が寄ってきます。
さすがはコイの街、広島ってところですが、ただ、よーく見てるとコイにまじってなにか違う魚がいます。
なんと海水魚のボラです。結構な数がいました。
広島はもともと河口三角州の街で、ボラ、チヌ、スズキなど、淡水にも適応可能な海水魚がよく川を上ってきます。
庭園の池はその川から水をとっているので、紛れ込んだボラがそのまま居ついているのかもしれません。

ところで、今回は行きませんでしたが、広島城は江戸時代から別名「鯉城(りじょう)」と呼ばれてきました。広島カープの名の由来はここからだそうです。
姫路が白鷺、岡山がカラス、で、広島は鯉なのですね。

h65.jpg h66.jpg
3月下旬とはとても思えないような肌寒さでしたが、春は着実に近づいてきているようで、ところどころ綺麗な花が咲いていました。
紫色の小さな花はスミレの野生種。満開の桜は彼岸桜です。

h67.jpg h68.jpg
ソメイヨシノはまさにこの日に花が咲きだしたみたいでした。
桜の木の所に中国新聞のカメラマンさんがいて、声をかけられました。この日開花宣言の出た桜のバックで談笑している観光客・・・的な感じで写真撮らせてほしいとのことでしたので、撮ってもらいました。
何組か撮っているので新聞に載るかどうかはわからないということでしたが、つい期待して翌朝朝刊を買ってみたら・・・若い女性が写っていました。・・・だよね~

h69.jpg h70.jpg
夜はまた原爆ドームの近くの繁華街に戻ってきて、長田屋というお好み焼きのお店に入りました。
昼間前を通った時にはすごい行列でしたが、この時はたまたま5人待ちくらいで入れたのでラッキーでした(出る頃には長蛇の列になってましたが)。

h71.jpg h72.jpg
店内はレトロな物品や看板がいっぱい飾られていて面白い雰囲気です。

h73.jpg
こちらは肉玉そば・イカ天トッピング(810円)。大阪だとイカ天と言えばイカの天ぷら、あるいはイカの入ったさつま揚げをさしまずが、こちらはパリパリに揚げたイカを砕いたもののようでした。
旨みが強くて、いいアクセントです。

h74.jpg h75.jpg
こちらはスペシャルのうどん(1050円)です。麺類はたいていのお店ではそばかうどんのどちらかを選べるみたいです。
そばは香ばしさとカリカリ感、うどんはちょっとしたボリュームアップとしっとり感が出るようです。
大阪のお好み焼きと違って、小麦粉の「生地」は薄いクレープのような感じですが、中に挟む多量の野菜、麺、玉子、そして各種の具の一体感によって、思っていたよりは食べごたえを感じました。
ただ、生地による固着感はやはり弱いので、コテで小分けにするのが意外にむずかしく(中の野菜ごと、勢いよくスパッと切らないと、コシゴシやってたらバラバラになってしまう)、大阪みたいにコテだけで一口大に切ってはハフハフと口に運ぶというのがなかなか難しく、どうしてもお箸の助けが必要です。

h76.jpg
基本的な作法がわからないので、机の上にあったソース類を一切れずつ変えてゆきながら味をみました。
レモスコはあっさりして美味しいです。
辛口のソースは大阪でいうところの「辛め」ではなく、ピリ辛系の辛口でした。
結局のところ、オタフクソースとマヨネーズの組み合わせという、大阪ではおなじみの仕様が、私には一番おいしく感じられました。
ちなみに、この赤ヘルのマヨネーズキャップ、いいですね。タイガースバージョンも欲しいです。

今回、お好み焼きを食べたのはこの一店だけでしたが、とても美味しかったです。
でも、広島のお好み焼きの真の美味しさはそんなもんじゃない!という情報がありましたら、ぜひコメントお願いいたします。
次回、広島に行った際には、ぜひほかの店にも食べに行きたいと思っていますので。
<5日目につづく>
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

katsuo8740

Author:katsuo8740
コスチュームフェチサイト「カツオ私設ギャラリー」を主催するカツオの近況報告スペースなので、一応「アダルト」ジャンルではありますが、メインはアニメ(その他)関連のよもやま話(独善的「語り」)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。